• kotoshigotomusep

【妊活中の方も、そうでない方も】風しんとは?

皆さんは風しん(ふうしん)ってご存知でしょうか。


風しんは、風しんウイルスで起こる感染症です。

潜伏期間は2、3週間で、発疹、発熱などの症状があらわれます。

中には明らかな症状があらわれない人もいるよう。

まれに脳炎になるなどの症状もありますが、通常は自然に治ります。

かかった人、あるいはワクチン接種をした人は抗体ができ、かからないとされています。


最近、映画イベントで、主演女優が風しんにかかって欠席、というニュースで聞いた方もいるかもしれませんね。


そう、この風しん、実は流行を続けているのです。

2018年の夏ごろから風疹患者が増え、2019年の今も、全国的な問題となっています。


けれども「通常は自然に治る」風しんが、なぜこんなに問題なのか。

その答えは「先天性風しん症候群」にあります。


妊娠中の母親が風しんにかかると、胎児の眼や耳、心臓に障害が出る可能性が高まります(=先天性風しん症候群)。


「じゃあ、妊婦がワクチン打てばいいのでは?」

…残念ながら、【妊娠中は、ワクチン接種ができない】のです。

ということは、妊婦さんは「ノーガード」状態。


ノーガードの妊婦さんと赤ちゃんを、先天性風しん症候群から守る方法は、

(1)妊娠前に、女性がワクチンを接種し、自らガードする。

(2)妊娠後は周りの人(男性含む)がワクチンを接種し、風しんウイルスを妊婦さんの周りに持ち込まない工夫をする。

の2パターンのみです。


でも実のところ、自分の周りに妊婦さんがいるかどうかなんて分かりませんよね。

人混みに行けば、妊婦さんとすれ違うかもしれません。

そんな方に、万が一風しんをうつしてしまったら…大変!


まずは、自分自身の抗体を検査してみましょう。

以前風しんにかかった、あるいは学生のころワクチン接種をしたはず、という人の中にも、抗体が残っていないケースがあります。


医療機関へ「風しん抗体検査」について対応できるか事前確認の後、受診、血液検査を行います。

抗体の状況は後日に分かります。

抗体がないと診断された場合はワクチン接種を行いましょう。


また今年度から、国(厚生労働省)でも風しんの流行を防ぐための施策に力を入れています。

特に抗体を持っている人が少ないとされる【昭和37年4月2日〜昭和52年4月1日生まれの男性】に対し、無料で風しん抗体検査・ワクチン接種ができるクーポンが配られます。

(2019年度から順次、3年間にわたってクーポンを送付予定)

対象者はクーポンが順次届きますので、ぜひチェックして医療機関の受診を行いましょう。


さらに、妊娠を考える女性を含む家族の、風しん抗体検査・ワクチン接種への助成といった取り組みを行っている自治体も。

(ちなみに、熊本市では妊娠を希望する女性とパートナー、同居者を対象に、抗体検査を無料で行っています)

詳細は、各自治体の感染症関連担当課に確認を。

また厚生労働省の、風しん抗体検査クーポンについては

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

で確認ができます。


ぜひ自分の抗体を調べ、必要な場合はワクチンを接種、未来の赤ちゃんの健康を守りましょう。





© MusePlanning Wix.comを使って作成されました